日本庭園と暮らす 松を造る庭師のブログ

静岡県、愛知県で造園の仕事をして50年。

当ブログでは松を中心とした話題、当園にある松の紹介、日本庭園の美しさなどについて発信していきます。
<< 庭の手入れは | main | 昇る龍 >>
恵みの雨にありがとう コデマリの剪定
0
    庭師・造り師の藤田さんの季節の便りです

    * * * 2009年 4月 14日 * * *

    久し振りに恵みの雨が降り出して、庭の樹木たちも喜んでます。
    長い間、次から次へと咲いてくれた椿の花も、残りわずかになりました。
    その脇では、コデマリの花が五分咲きです。
    今年はいつになく蕾を沢山つけたのに、何となくムラ咲きが気になります。
    実は原因は分かっています。
    昨年の花が終わった直後の切り込みが足らなかったからです。
    毎年コデマリの脇に立つ不動石に、白色のお袈裟(ケサ)を掛けたように、もたれかかって咲く姿は本当に絵になります。

    コデマリの写真  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

    しかし今年は残念です。
    やはり手入れは肝心ですね。手抜きをすると、このようになる事を改めて教えて頂きました。

    よくあちこちの庭で放置されたコデマリを見かけます。
    そのたびに「もったいない、こんな美しい花を」と思います。
    もしこのブログをご覧の皆さんのお宅に、コデマリの木があったら、来年〜再来
    年を目安に見事な花を咲かせて見ませんか?

    剪定の仕方です。
    それはコデマリの大小に寄って異なりますが、長い間放置したような大株は、親木を3〜5本残して根元から全部ノコギリでカットしてしまいます。
    そして残した親木をよ〜く見て、枯れ枝もカットします。
    背丈を高くしたく無い場合は親木を半分ぐらいにカットしても構いません。
    すると、その時点では無残な姿に仕上がります。
    バカボンのパパじゃないけれど、「これでいいのだ」なのです。

    暫くするとの親木から無数の新芽が出て来ます。
    これを全部大切に伸ばして下さい。
    伸ばした新芽が程よく固まった頃に(6〜9月)枝と枝が重なったり、成長しきれない小さな枝を元からカットしたら仕上がりです。
    後は来年の花を待っだけです。この間、根元からは新しい芽が次から次と出て来ますが全部カットして下さい。
    親木があまり古い場合は芽吹きが悪いので、新しい新芽を何本か伸ばして新旧交換も必要です。
    肥料は化成肥料を施して下さい。
    ちなみにユキヤナギの木も同様の剪定で大丈夫です。
    来年は皆さんのお宅にも純白の花が頭(こうべ)を垂れて咲き誇ることをお祈りしています。
    | tetsu3 | 庭木の手入れ | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://02.routineworks.net/trackback/959836
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    このページの先頭へ