日本庭園と暮らす 松を造る庭師のブログ

静岡県、愛知県で造園の仕事をして50年。

当ブログでは松を中心とした話題、当園にある松の紹介、日本庭園の美しさなどについて発信していきます。
<< ご無沙汰しています。藤田さんの松に動きがありました。 | main |
中国に渡る日本の木々 父の松
0
    2月 藤田さんの松が、中国に渡った話。

    今ごろ中国大陸のどのお庭へ?

    中国では富裕層が日本の庭木を「買い占めている」といってもいい買い方をしているそうです。
    「日本庭園」は日本人の生活から、「日常」ではなくなってきているのに、中国では日本の庭木市場に視察に来たり、買い付けたりして船で運び、お庭をつくっているそうです。
    藤田さんの松は売れたけれども・・皮肉な感じもします。

    最初は「中国に松が売れる」という藤田さんの話に、ピンとこなかったのですが
    実際に松が掘り出されているのを見て、中国経済がすごいってニュースでも言っていたもんなぁあ・・なんて身近に感じ、感心したりしていました。


    売れた松は、藤田さんの松の中では何番目?という、いわゆる「看板木」ではありませんでした。

    輸送には背があったので、クレーンに乗せて高速を走るには、荷台の高さに収まらなければいけません。
    その上、荷にしてクレーン車で運ぶころは、まるで梅雨のように雨が多い時期でした。

    藤田さんは数日、そのことで頭がいっぱい。
    結局、借りるクレーン車を大きくして運んでもらったそうです。

    どんなお庭に植えられるのか・・愉しみ
    | tetsu3 | 松について | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://02.routineworks.net/trackback/1180312
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ