日本庭園と暮らす 松を造る庭師のブログ

静岡県、愛知県で造園の仕事をして50年。

当ブログでは松を中心とした話題、当園にある松の紹介、日本庭園の美しさなどについて発信していきます。
<< 岩之丞(いわのじょう)の松 黒松 | main | 赤松の手入れ >>
夏の手入れは
0
    手入れは続くよどこまでも
    どんなに暑くても、また梅雨の雨間にも、休むことなく松の芽は伸びます。
    この日訪れた土場では藤田さんが6月の芽摘みが間に合わなかった黒松を手入れしていました。

    一方で・・
    6月の早いうちに手入れをしてもらった、涼しげな枝ぶりの松を見れば・・
    梅雨明けを待ってこの日、セミが初鳴き

    早くも新芽が出ています。
    この日セミの初鳴きを聞き、あくる日には梅雨が明けました。
    暑さ本番!って感じです。
    それでも松は次々と新芽を伸ばしています。

    次の手入れでは、この新芽の中からいくつかを選り残し、古い葉を落とす作業が待っています。
    | tetsu3 | 松について | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://02.routineworks.net/trackback/1036485
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ