日本庭園と暮らす 松を造る庭師のブログ

静岡県、愛知県で造園の仕事をして50年。

当ブログでは松を中心とした話題、当園にある松の紹介、日本庭園の美しさなどについて発信していきます。
中国に渡る日本の木々 父の松
0
    2月 藤田さんの松が、中国に渡った話。

    今ごろ中国大陸のどのお庭へ?

    中国では富裕層が日本の庭木を「買い占めている」といってもいい買い方をしているそうです。
    「日本庭園」は日本人の生活から、「日常」ではなくなってきているのに、中国では日本の庭木市場に視察に来たり、買い付けたりして船で運び、お庭をつくっているそうです。
    藤田さんの松は売れたけれども・・皮肉な感じもします。

    最初は「中国に松が売れる」という藤田さんの話に、ピンとこなかったのですが
    実際に松が掘り出されているのを見て、中国経済がすごいってニュースでも言っていたもんなぁあ・・なんて身近に感じ、感心したりしていました。


    売れた松は、藤田さんの松の中では何番目?という、いわゆる「看板木」ではありませんでした。

    輸送には背があったので、クレーンに乗せて高速を走るには、荷台の高さに収まらなければいけません。
    その上、荷にしてクレーン車で運ぶころは、まるで梅雨のように雨が多い時期でした。

    藤田さんは数日、そのことで頭がいっぱい。
    結局、借りるクレーン車を大きくして運んでもらったそうです。

    どんなお庭に植えられるのか・・愉しみ
    | tetsu3 | 松について | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    ご無沙汰しています。藤田さんの松に動きがありました。
    0
      みなさんこんにちは!管理人tamakiです。
      大変 ご無沙汰しております!

      今年に入って、藤田さんの松にいろいろな事件がおきました。
      いろいろあってご報告が遅れました!

      何から報告したらいいでしょうか? という状態です。

      藤田さんは庭師として半世紀。「松」にこだわってきました。
      「松」は日本の歴、文化に深く関わりのある木です。
      しかし日本人の生活スタイルや意識は変わっていって、それに合わせて、いつしか「日本庭園」、「松」は姿を消しつつあります。

      ずっと「松」にこだわりながら、土場で「松」を育てながら、藤田さんはそれを一番近くで感じてきたと思います。

      それでも藤田さんは松を捨てずに、娘よりも大事に(笑)育ててきました。

      しかし現状、お庭を造るお宅がすくない日本で、藤田さんの松が正当に評価される(簡単に言うと評価した金額で売れる)ことが、今後あるのだろうか・・思っていました。

      立派なお宅が新築されるのはあちこちで見ても、立派なお庭を作るお宅はほとんど見ません。本当に。
      敷地いっぱいに大きな家を建て、エクステリアを素敵につくり、ピカピカの車が並ぶ・・。それが今の日本人の一般的なステータスになって、そこに立派な松が植えられることはないのでは?

      --*--*---*--*--*--*--

      しかし、今年に入って、藤田さんの松は4本もお嫁入りしたのです。

      1本は2月、中国に渡りました。

      そして3本は今月、名古屋 千薫庵(せんくんあん)さんへ。
      これくらいの大きさの松のほうがいいのかな?
      小さ目の松お嫁入り
      どんなお庭に植えられるのか・・愉しみ


      私は藤田さんの普段からの心がけが、人を呼び、つながったのだと信じています。

      そんな今年の出来事を藤田さんの意見を聞きながらご紹介したいと思います。
      お時間の許すときにお付き合いください。

      ボキャブラリーが貧困で(汗)記事を書くのに時間がかかるので、
      徐々にアップしていきますが、いつでも皆さんの自由なご意見を頂けたらうれしいです。
      | tetsu3 | 松について | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      残暑お見舞い申しあげます
      0
        本日の記事は造り師:藤田さんから残暑お見舞い申しあげます。

        * * * * * * * *
        長かった今年の入梅もやっと明けたと思ったら、いきなり猛暑がやって参りました。
        皆さんお変わりありませんか。

        庭のツワブキや草花達も、この暑さでうなだれております。
        そんな最中、今年も女房の育てている鉢植えの木立べゴニアやシュウカイドウが見事な花を楽しませてくれました。
        我が家は東向きのため半日で日が陰り、これらの植物には最適のようです。
        最も女房は、「私の育て方が上手だから」と譲りません。
        「そうだそうだ」と言わんばかりに、朝から熊ゼミが「シャゴシャゴシャゴ」と忙しく鳴き、今年はなぜか、アブラゼミやツクツクホウシまで一緒に大合唱しています。
        さあ今日も一日頑張るぞと思っても、朝の蝉の大合唱を聞くと戦力を失いかけます。
        しかしこの炎天下、百日紅(別名:サルスベリ)は暑さを諸ともせず咲き誇っています。
        中国原産で最近は様々な花の色がありますが、開花期が非常に長く、百日間、花が咲き続けることから百日紅(ヒャクジッコウ)と言います。
        私はこの花が大好きです。
        赤、ピンク、紫、白と様々ありますが、花を楽しむには、落葉が終わった12月に、今年伸びた枝を元から全部切り落として上げます。
        丸坊主になります。すると春先から勢いの良い枝がグングン伸びて、夏のこの時期に房状の大きな花が咲きます。
        また場所(面積)が許されるなら、剪定しないで自然形に伸ばして枝先にちらほらと咲く花も風情があってとっても良いものです。
        手入れも簡単で、しかも丈夫で育て良い樹木です。
        花言葉は「雄弁なあなた」だそうです。
        何はともあれ、この灼熱の太陽のもとで健気に咲き誇る百日紅を見習って、この暑い夏を乗り切りたいですね。
        あーそうそう、時々外野からあらぬ噂を耳にします。
        「サルスベリってー猿も滑り落ちるからー縁起が悪い木だってー」なんて耳にした事ありませんか?
        全くのでたらめですから心配ご無用に願います。
        そんなウワサ言う方こそ、口が滑って心が落ちていますよー。
        第一、猿に失礼ですよねーーー。
        ではまた

        サルスベリ
        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

        シュウカイドウ
        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
        | tetsu3 | 庭木の手入れ | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        赤松の手入れ
        0
          写真を追加しました
          [撮影09年7月12日]
          小さいながらも存在感のある赤松
          赤松の葉の緑色は、黒松と全然違いますね。濃い・・というか、鮮やかというか・・。
          黒松の多い土場の中で、ちょっと目立ちます。

          赤松の手入れ

          09年3月31日
          この日は土場にある小さな松の手入れをしていました。
          この松は「赤松」で、松独特の木の幹のうろこのような樹皮が、向けたようなところは、少し痛々しく見えるくらい赤いのが特徴です。
          この赤い幹が赤松の魅力ということです。

          この松の手入れには二日ほど。
          松の種類によっては二日もかからないのだそうです。

          藤田さんは本当に一年中暑い夏も寒い冬も手入れをしていて、もう50年。
          正直よく続くなぁ・・なんて感心してしまいます。

          藤田さんは松が好きだから庭師、造り師として毎日手入れができることは、本当に幸せなんだそうです。

          大変な仕事だと思いつつも、そんな藤田さんは幸せ者だと思います。
          | tetsu3 | 松について | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          夏の手入れは
          0
            手入れは続くよどこまでも
            どんなに暑くても、また梅雨の雨間にも、休むことなく松の芽は伸びます。
            この日訪れた土場では藤田さんが6月の芽摘みが間に合わなかった黒松を手入れしていました。

            一方で・・
            6月の早いうちに手入れをしてもらった、涼しげな枝ぶりの松を見れば・・
            梅雨明けを待ってこの日、セミが初鳴き

            早くも新芽が出ています。
            この日セミの初鳴きを聞き、あくる日には梅雨が明けました。
            暑さ本番!って感じです。
            それでも松は次々と新芽を伸ばしています。

            次の手入れでは、この新芽の中からいくつかを選り残し、古い葉を落とす作業が待っています。
            | tetsu3 | 松について | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            このページの先頭へ